WEBライティング初心者の効果的な練習方法と上達ステップ

WEBライティングを始めたものの、「もっと上手にライティングできるようになりたい!」・「WEBライティングのスキルを上げたい!」・「WEBライティングの練習方法が知りたい!」などと、悩んでいる人はいませんか。WEBライティングは誰でも簡単に始めることができますが、今後もWEBライターとしてやっていくためにはライティングの練習が不可欠です。
このページでは、『WEBライティングの効果的な練習方法』を初心者ライター向けに紹介します。WEBライティングのスキルを上げたい人は、ぜひ参考にしてください。

【結論】WEBライティングの練習方法:2ステップ

どのように練習したら良いのか?お伝えしたいポイントはたくさんありますが、大まかに結論から言いますと・・
1.WEBライティングは通常のライティングとは違うことを知る
2.特徴を理解した上で、WEBライティング独自の練習を行う
上記2ステップを押さえておけばOKです。たったこれだけ!?と驚いた人もいるかもしれませんね。
経験豊富なライターなら1.の違いは充分に理解していると思います。しかし初心者の場合は、まず通常のライティングとどこがどう違うかを理解することから始めてください。いきなり練習するよりも、WEBライティングの特徴が理解できてから⇒具体的に練習を行なっていく‥という順序の方が、ライターとしてのスキルが身に付きやすいからです。第二章で特徴・違いを、第三章で具体的な練習方法をステップごとに解説していきますね。

WEBライティングの特徴とは?通常のライティングの違いを解説

まずは、2ステップのうち1.WEBライティングの特徴・違いを見ていきましょう。特徴が理解できれば、通常のライティングとの違いが分かります。通常のライティングとは新聞や雑誌などの紙の媒体を指し、WEBライティングはGoogleなどで調べて表示される<インターネット上に載っている文章>のことです。同じライティングでも“別物”であり、アプローチ方法が全く違うことを知ってください。WEBライティングは、インターネット上でユーザーがいかに読みやすいか?が大きなウエイトを占めます。

検索するユーザー(読者)の意図を最重視して構成

WEBライティングは、検索するユーザー(読者)の意図を把握して(文章を)構成することが最も重視されます。というのも、ユーザーがGoogleやYahoo!などの検索エンジンでキーワードを入力するのは、「答えを見つけたい」からです。新聞や雑誌などは色々な情報を網羅して発信すれば良いですが、WEBライティングは“ユーザーの検索ありき”で成り立ちます。ですので、検索されたキーワードに対してユーザーが何を知りたいのか?なぜ検索したのか?意図を汲み取って文章を構成する必要があります。

Point!上位表示にはSEOライティングが必須

少し専門的になるため、軽く読むだけでOKです。Googleでユーザーから読んでもらうには、上位に表示させる必要があります。特にGoogleは“ユーザーファースト”を掲げており、ユーザーのニーズ(意図や答え)が盛り込まれた記事のみが最初の(上位の)ページに出ます。
こういった記事はGoogleからも高く評価され、SEO(検索エンジン最適化)ライティングされているサイトなのです。答えが無い・何を伝えたいのかあやふやな記事などは、上位表示されないので読まれにくくなってしまいます。

WEBライティングでは、結論を先に伝える

WEBライティングでは、まず結論を先に伝えるようにしてください。前述したようにユーザーの検索意図=答えを見つけたい、です。自分が検索する側になったと想定してみましょう。あるサイトにアクセスし、スクロールして読み進めてもなかなか答えが分からなかったら・・どう思いますか?読むのを止めて、違うサイトに切り替えますよね。通常のライティングとは、大きな違いが生じていることが分かります。
特にスマートフォンであれば画面の大きさから、最初に結論を伝えてから→根拠となる理由を説明した方がベター。スクロールする手間を少しでも省きましょう。この記事でも第一章で先に【結論】として2ステップ記載したのは、これが理由です。

見出しを作り、何が書かれているかを分かるようにする

見出しを作成して、読めば何が書かれているかを分かるように記載するのもWEBライティングならではと言えるでしょう。もし、この章のそれぞれの見出しが「違い1.違い2.」としか書かれていなければどう思いますか?分かりにくいですし、該当部分までスクロールしなければならない手間が生じます。しかし“結論を先に伝える”など具体的に書くことで、ユーザーは一目で理解できます。ここでも、ユーザーファーストを意識していますね。
また、冒頭文の下に目次という形で見出しの一覧を載せることで、ユーザーは自分の知りたいところだけをピックアップして読むことができます。

シンプルisベスト!回りくどい表現・難しい言葉は避ける

一文は短め・改行も取り入れ、読みやすさを心がける

全体の文章の長さのことでは無く、一文自体を短めにして読みやすさを心がけましょう。WEB上の文章はサッと流し読みされることが多いので、一文がコンパクトにまとまっていた方が良いからです。ダメな例と良い例で確認してみますね。
・ダメな例:○○ですが△△‥
・良い例:○○です。しかし△△‥
違いが分かるでしょうか?( 。)の次に「しかし」という接続詞を入れることで区切られて、一文が長くならないようにしています。<しかし・ですので・また>などの接続詞を有効に使って、一文を50文字前後で収めるようにすると読みやすくなりますよ。

【初心者ライターにおすすめ】WEBライティングに効果的!5つの練習方法

WEBライティングが、いかに通常ライティングと違うかが分かりましたね。この章からは、初心者ライターにおすすめの具体的な方法を紹介していきますよ。ずばりWEBライティングに効果的な練習方法は以下の5つ!
①簡単な「タスク」仕事で、“ライティング”そのものに慣れる
②検索して上位表示サイトをチェック、構成のヒントを得る
③気に入った文章を、そのまま書き写す
④テーマを決め、段階ごとに分けて作成してみる
⑤いざ実践!長文のライティング仕事に挑戦する
WEBライティングの特徴を踏まえた上で、練習を積み重ねていきましょう。

方法①簡単な「タスク」仕事で、文章を要約することを学ぶ

タスク仕事を通じて、『自分が思ったこと・感じたことを要約して書けるように』なりましょう。「タスク」の仕事は体験談や口コミなど数百文字程度で済みますし、気軽に取り掛かれます。要約と聞くと難しいかもしれませんが、ダラダラと書くのではなくて伝えたいことだけをコンパクトにまとめることを意識すればOKです。
タスク仕事は、Lancers(ランサーズ)やCrowdWorks(クラウドワークス)・サグーワークスなどクラウドソーシングサイトでたくさん募集されています。文字数が少ないので文字単価や報酬は低いですが、そこまで文章のスキルが要求されることは無いので安心してください。お金も稼げて一石二鳥です。

方法②検索して上位表示サイトをチェック、構成のヒントを得る

次は、実際にキーワードで検索して上位に表示されているサイトをチェックしてみましょう。ポイントとしては、[自分が好きなジャンルやテーマ]で検索すること。上位表示されるということはユーザーの検索意図を満たしたサイトであり、且つGoogleからも評価されています。1ページ目に出てくる10サイトすべてをチェックしてみて、どのようにまとめているか?構成のヒントを得ましょう。

方法③気に入った文章を、そのまま書き写す

方法②でサイトをチェックした時に、「読みやすくていいな」と思った文章(サイト)をいくつかピックアップしてください。その後、そのまま書き写してみるのが3つ目の方法です。書き写す際はWordでも良いですが、おすすめは手書き!パソコンやスマートフォンの画面を見ながら、見出しの位置や改行などを丸写しするのです。チェックするだけでもヒントを得ることはできますが、何サイトかを実際に書くことでよりパターンが掴めるはずです。

方法④テーマを決め、段階ごとに分けて作成してみる

上位表示サイトを見て実際に書き写したことで、WEBライティングには共通点があることに気付きませんか?
・導入文
・結論
・見出しと本文
・まとめ
ほぼ、どのWEBライティングも4段階で構成されていることが分かるはずです。構成が理解できれば、後は自分自身で同じように作成してみましょう!書きやすいように自分が書きやすいテーマを決めて検索し、情報収集を行ないます。検索の意図を見失わないように!コツをPoint!内で紹介しているので、参考にしてください。
例えば「犬 飼い方」をテーマにするなら、家の中か外かどちらで飼うのか?初心者におすすめの犬種や、読むべき本、一人暮らしや共働きなどライフスタイル別に紹介‥など様々な点からライティングできます。どのテーマであっても、先に見出しを作成してから、沿った本文(内容)を書くようにしましょう。あくまでも練習なので上手く書こうとしなくてOKです。
作成出来たら、家族や友人など第三者にも読んでもらいましょう。自分では良いと思っていても、他人が読むと思わぬ修正点が出てきたりも。何人か複数人に読んでもらうことで、自分の癖などにも気付けますし読みやすい文章が作れるようになってきます。

Point!共起語やサジェストキーワードを調べて含めよう

検索意図を把握して構成するには、共起語やサジェストキーワードを調べることも大切な作業です。それぞれの意味について説明します。
・共起語:検索キーワードと一緒に使われることが多い言葉
・サジェストキーワード:Googleの検索画面でキーワードを入れた際に一緒に検索されることが多い言葉
どちらも文章を構成する際に適度に含めることで、ユーザーが知りたい答えだけでなく「より深くまで」情報を発信できることにも繋がります。共起語は無料ツールで簡単に調べることができますよ。

⑤いざ実践!長文のライティング仕事に挑戦する

①~④の練習を行えば、最初よりもWEBライティングができるようになったことを実感するかと思います。①では「タスク」の簡単な仕事をしましたが、長文のライティング仕事に挑戦してみましょう。これだけ練習しているのに、タスク止まりでは勿体ないです。募集されている中でも、「トライアル記事」といってお試しで納品するものから始めると良いかもしれません。テスト納品なので単価は安いですが、パスすれば本案件を任せてくれますよ。もし採用されなかったとしても落ち込まずに、依頼者から具体的な修正個所などを聞いて次に生かすことも大切です。

まとめ:WEBライティングならではの特徴を理解して練習し、数をこなそう!

通常のライティングと同じように作成していては、WEBライティングは評価されません。特徴を理解した上で、
・タスク仕事から慣れる
・上位表示サイトをチェック
・文章をすべて書き写して、コツを掴む
・自分の得意ジャンルで、構成に沿って書く
以上4つの方法で、練習してみてください。WEBライティングの本を読んで学ぶことも効果的ではありますが、やはり実践に勝るものなし!どんどん数をこなしてWEBライティングをマスターしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です