SEOライティング ブログの効率的な書き方とポイント

「ブログの検索順位を上げてアクセス数を増やすには、どうしたら良いのだろう?」という悩みは、ライターなら誰しも経験があると思います。

ブログを作成する時にSEOライティングを取り入れるだけで、順位は大きく変わります。

このページでは、SEOライティングを駆使したブログの効率的な書き方をポイント別に分かりやすく解説します。

ブログもSEOライティングが必要になる?

SEOライティングは、読者(ユーザー)と検索エンジン両方から評価される<文章を書くテクニック>のことです。

一昔前まではブログ=日記代わりに、つらつらと書いていても問題ありませんでした。しかし近年ではお店の宣伝などにもブログが使われることが増え、SEO対策が施されたブログのみが読まれているのが現状です。

ただやみくもにブログを書くだけでは、「上位表示はもちろんアクセス数も当然増えることは無い」ので、ブログにもSEOライティングが必要です。

SEOライティング:ブログの書き方とポイント

ブログにSEOライティングが必要‥ならば、どのように書いていけば良いのでしょうか。難しいと思うかもしれませんが、押さえるべきポイントは8つあります。

ユーザーに分かりやすく書くことはもちろん、1つ1つを意識して作成することで必然的にSEOライティングされたブログが完成します。

ちなみに‥検索エンジンはパソコン・スマートフォンともに、Googleが約7割と圧倒的シェアを誇ります。ですので、“Googleに評価されやすい”ポイントで説明していきますね。

①ジャンルに特化した専門的なブログを作る

最初のポイントは、自分にしか書けない専門的なブログを作成することです。

例えば自分が美容師なら・・人気のスタイルやスタイリング方法等“ヘア”に関することに特化して書くというように、いわばジャンルを1つに絞るということです。色々な情報が網羅していると一見便利そうに思えます。

しかし、あれやこれやと全部詰め込まれているブログは「専門性がないブログ」ということでGoogleの評価が低くなります。

必ず1つのジャンルに絞ったブログにしましょう。どのジャンルにするかは、自分が得意とする分野がベストです。

得意なことであれば、実際に経験・体験したこともあるでしょう。こういった実際に体験したことは書きやすいですし、他のブログと差別化されるため(Googleでの)価値が高まります。

また訪れるユーザーに対しても、「このブログは詳しく書かれているから、次もまた読もう」と思わせる効果も必要です。

自分が得意とするジャンルが何かを、まず見つけましょう。

②1記事1キーワード

2つ目のポイントは、1記事1キーワード。1つのブログに対し、1つのキーワード(テーマ)で書いてください。

1つ目のポイントと似ていますが、1つのブログに対し複数のキーワードを入れてしまうと‥Googleが「このブログが何について書かれているのか」を判断できず、上位表示されることもありません。

先ほど美容師を例にすると「ヘア」に特化して書くと言いました。スタイリング方法について書きたい場合は、「ショートカット向け」・「セミロング向け」など2つのブログに分けて書くという意味です。

特にスタイリングはヘアスタイルによって全く違うので、1つのブログに一緒に書いてしまうと読者が混乱してしまいます。

キーワードを選ぶ時は、ラッコキーワードなどのサジェストツールを使うのがおすすめです。

③記事の構成

どのジャンルについて書くか・また1ブログに何のキーワードを入れるか決めた後は、記事の構成について考えましょう。これが3つ目のポイントです。

ブログの最初に書く文章や、ブログ内の本文をどのような順序にするのか?など考えることはたくさんあります。

しかし一番大切なことは、『ユーザーが求める結論』を先に書くことです。その後に根拠や理由を書きます。

あるスタイリング剤の口コミを知りたくて「○○の口コミ」の記事にアクセスしたのに、最初に商品の紹介や特徴が書かれているパターンがどれだけ多いことか‥こういうブログは最後まで読まれず、この段階で他に移ってしまいます(私も何度も経験しています)。

最初に結論を書いてしまうと解決するので最後まで読まれないのでは?という声も聞かれますが、逆です。結論を書いていれば、それがなぜか?という『次を』読み進めたくなるからです。

「結論 → 理由」「結論 → 詳細」のように、まずは結論を書き、その後に理由や詳細などを書くように心がけてください。

④タイトルの決め方

ブログのタイトルは記事の中で一番重要なSEOになります。タイトルは「興味を引く書き方」も大事ですが、それよりも「SEOとして評価される」ことを意識するようにしてください。

一番簡単なのは「上位サイトのキーワードを使う」ことです。狙う気ワードでGoogle検索をして、上位1~3サイトで使われているキーワードを使うようにしましょう。

また、実際に「狙うキーワード」と「作ったタイトル」でGoogle検索をして、ずれが少ないか確認することも重要です。

狙うキーワードでGoogle検索した結果と、作ったタイトルでGoogle検索した結果がほとんど同じであれば、キーワードのずれが少なくなります。

逆に、検索結果が全然違う場合は、作ったタイトルがキーワードとずれている可能性があるので、再検討するようにしましょう。

⑤見出しの設定方法

見出しの設定とは、本文内に取り入れる手法のことです。

区切らずにダラダラと文章を書いているだけでは読みにくいので、書きたい項目ごとに見出しを付けましょう。このページなら・・

<h2>SEOライティング:ブログの書き方とポイント</h2>
<h3>①ジャンルに特化した専門的なブログを作る</h3>

というように、h2とh3のタグを使用します。<h3>の内容に補足したいPointなどがあれば、<h4>を使うようにしましょう。h2・h3・h4の3つのタグを覚えておけばOKです!

【ショートはシルエット命!簡単スタイリングのコツ】というブログを書くと仮定し、h2・h3・h4の見出しをどのように使うのか具体例を載せてみました。

見出しの参考例

<h2>長さ別のスタイリング方法</h2>
<h3>ベリーショート</h3>
<h3>顎までのショート</h3>
<h3>顎下のショート</h3>
<h2>ヘアアイロンを使うと、もっと素敵に!</h2>
<h3>ストレートアイロン</h3>
<h3>カールアイロン</h3>
<h4>ストレートアイロンとカールアイロンの違い</h4>
<h2>簡単に買える!おすすめのスタイリング剤3選</h2>
<h3>1.○○バーム</h3>
<h3>2.○○オイル</h3>
<h3>3.○○スプレー</h3>
<h2>番外編:時間の無い時により簡単にできる方法</h3>

あくまでも一例ですが・・このような感じで見出しを設定します。

h2やh3など、見出しは何回使っても大丈夫です。h2の後にh4とならないように、h2→h3→h4の順番で使ってください。

スタイリングと一言で言えども内容は盛りだくさんですが、見出しを使うことでスッキリとまとめられています。

⑥導入・要約文

導入・要約文とはリード文とも言われ、タイトルのすぐ下に書かれている文章のことです。

「このブログには誰に向けて、何が書かれているのか」を簡潔にまとめつつ‥ポイント③で言ったように、結論を書きましょう。

【ショートはシルエット命!簡単スタイリングのコツ】

というタイトルの場合、皆さんならブログの導入文をどのように作成するでしょうか。

導入文の参考①

この記事では、○○バームを使った長さ別のスタイリング方法とともにヘアアイロンを使ったやり方も分かりやすく紹介します。

導入文の参考②

たくさんのスタイリング剤がありますが、○○バームを使えばどの長さのショートカットでも簡単に且つ綺麗なシルエットが完成します!

このような内容であれば、何が書かれているかすぐに分かり/結論も記載されています。

オススメのスタイリング剤を最初に持ってくる人も居るかもしれませんが、タイトルに合わせて「何を使えば簡単に綺麗なシルエットが叶うのか」を最初に書いた方が良いです。

また、この記事であれば、ブログの表示順位を上げたいユーザーに対して伝えたいので、“ライターなら誰しも通る悩み”を、そして“SEOライティングを取り入れるだけで順位は大きく変わる”と結論を記載しました。

ここの導入文に何が書かれているか?この部分が一目瞭然じゃないと、ユーザーはアクセスさえもしてくれません。

⑦本文の書き方

ポイント⑤で設定した、見出しに合う本文を作成していきましょう。あまり長すぎるのは読みにくいので、注意してください。

もし長文になりそうなら分けることも大切です。

特に「~ですが‥」は文章によっては長くなりやすい傾向があるので、一旦。で区切り→しかし、と2文に分けるなど工夫しましょう。

文字だけだと伝わりにくい場合は、その文章に合う画像や動画を入れることで読みやすさがグンとアップします。

余裕がある方は動画も載せると、ユーザー第一で考えられた親切なブログと判断されるでしょう。

動画が難しくても、やはりいくつかの画像は載せるべきです。特に長さに分けてのスタイリング方法ならば、実際の写真が無いとイメージできませんからね。

また、行間も程よく空けて読みやすくしましょう。あくまでもユーザー目線で構成することが重要です。

自分が読み手になって考えることで、ユーザーの検索意図を的確に捉えたブログを作成することができますよ。

⑧結論・まとめ

ここまで済めば、後は結論の作成です。終わり良ければ‥ということわざがあるくらい、結論・まとめは大切です。

パターン1:最後まで読んで、いかがでしたか?是非スタイリングの際には、参考にしてくださいね!

パターン2:簡単スタイリングなら○○バーム!長さを問わず美シルエットが完成!

パターン1と2、どちらが結論・まとめに相応しいと思いますか?当然、パターン2です。

見出しをたくさん設定したとしても、結局何が一番言いたかったのかを書くことが重要なのです。導入部で記載した結論を、ここでも締めとして書くことで<ブログ全体をまとめる役割>を果たします。

隙間時間に情報を探しているユーザーなどは、本文をパスして最初と最後だけ読むということも多々あります。

だから、このユーザー向けに最後はもちろん最初にも結論を書くのです。

SEOライティングにおけるブログ記事の注意点

SEOライティングでブログを作成する時には、難しい言葉や専門用語はあまり使わないように注意してください。

特に専門用語は仕事場で使っていると、普段でも出てしまいがちなので気を付けなければなりません。

どうしても使う場面が出た場合は、見出しの<h4>などで用語解説しましょう。

Wikipediaなど引用元を載せるのも親切です。また、他のサイトからのコピー&ペーストは言わずもがな厳禁です。

まとめ

ブログを作成する時に8つのポイントを意識するだけで、今までとは違ったブログになるはずです。初めは難しいかもしれませんが、書いているうちに慣れてきますし不思議と書けるようになります。

ブログが完成した後は全体を見直して、誤字脱字や抜けが無いかをしっかりとチェックすることも忘れずに。スキルを身につけて、これから書くブログに生かしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です