肖像権の侵害?店舗内での取材・撮影

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

著作権侵害の解決・契約・活用を研究する弁護士ブログ「プロのための著作権研究所」所長(所員なし,募集中)の弁護士・診断士の柿沼太一です。

まずは本題よりも好評を頂いている料理写真です。

IMG_3633

今日のメニューは
・ ネギと豚バラの角煮
・ ネギ餅
・ 2種類のナムル(ニンジンとほうれん草)
・ 秋刀魚の酢じめ
です。

ネギと豚バラの角煮は,半分に切った長ネギと豚バラを醤油,酒,水だけで3時間くらい煮込んだものです。時間がかかりますが,放っておけばできるので便利。お肉が美味しいのはもちろんなのですが,豚バラのうまみを吸い込んだネギがとても美味しいです。

ネギ餅は,強力粉をお湯でこねて平たく伸ばし,ごま油,塩,ネギのみじん切りを散らしてクルクルッと巻く,棒状になったものを,ペロペロキャンディーみたいに丸めて上からぎゅーっと押さえて平たくし,表裏を油でこんがり焼く,というものです。字だけだとわかりにくいですね。発酵の手間がいらないので,簡単で美味しいです。

さて,今日は顧問先から相談を受けた内容について(もちろんアレンジしてあります)書きたいと思います。著作権とは直接の関係がないのですが,映像や写真撮影に際しては問題となることが多いと思われる内容なので。

問い:
取材において,許可を得た上で小売店舗にカメラが入って撮影することがあるのですが,その店舗で買い物をしているお客さんの顔などが映像内に映り込んでしまうことがあります。その場合,それらのお客さん全てから書面による許可を貰わなければならないのでしょうか。

答え:
1 「肖像権」
 これは「肖像権」の問題であり「著作権」の問題ではありません。

肖像権とは「個人の私生活上の自由として、みだりに自己の容貌や姿態を撮影されたり、撮影された肖像写真を公表されないという人格的利益」のことを言います。

肖像権を正面から認める明文規定はないのですが,最高裁判例(最高裁判決昭和44年12月24日)によって認められている権利であり,一般の人も保有する権利です。

なお,一般の人ではなく,タレントや芸能人などの場合は,肖像権に加えてパブリシティ権が問題になることもありますが,ここではその点については述べません。

このように,一般の人でも「肖像権」という権利を持っていて,それを侵害した場合には損害賠償請求される可能性がある,と。
これを押さえてください。

2 特定が出来ない場合には問題なし
まず,視聴者から見て,映像内に映り込んでいるお客さんが特定できない場合には,肖像権という権利自体が侵害されていませんので,何の問題もありません。

3 特定できる場合
次に「誰が写っているか」ということを特定できる場合ですが,これも,「その人を撮影対象と意識して撮影した場合」と「たまたま特定の個人が写り込んだ場合」とは異なります。

ご質問の小売店舗内の撮影について具体的に考えてみましょう。

たとえば,高級チョコレート店内の店舗を撮影する際に,商品そのもの,ディスプレイ,店舗の全体的な様子や店員さんの応対態度を撮影することになると思われます。
そのような場合,撮影対象はあくまでそれらの商品等であって,店舗内のお客さんではありません。その撮影の過程において当然店内のお客さんは映像内に映り込むでしょうが,それは「たまたま特定の個人が写り込んだ場合」でしょう。

これに対して,高級チョコレート店のイートインで,あまりに美味しそうにチョコレートを食べるお客さんがいて,そのお客さんを狙って撮影した場合には「その人を撮影対象として意識した撮影」となります。

このように「その人を撮影対象と意識して撮影した場合」と「たまたま特定の個人が写り込んだ場合」とを比べると,被写体に無断で撮影した場合,当然のことながら前者の場合の方が肖像権侵害とされる可能性が高くなります。

したがって,「その人を撮影対象と意識して撮影する場合」には,撮影対象者から明示的に承諾を頂いておくのが無難でしょうね。

これに対して,「たまたま特定の個人が写り込んだ場合」に,それらの人にもいちいち承諾を得ることは事実上不可能でしょう。
そのような場合は,取材に際してカメラやマイクを使用し,腕章を着用する等して取材中であることをわかりやすく明示して取材をする,ということが重要になります。
そのように取材中であることが明示されていれば,写りたくない人は店舗から出るでしょうし,それでも店舗内にいる人については,黙示で撮影を許可したことになると思います。

4 判例の紹介
ちなみに,肖像権侵害になるかどうかは,「撮影対象となっているかどうか」ということに加えて「そのような撮影や映像の使用を被写体が望んでいるかどうか」にも大きく影響されると思われます。
まあ,これは常識的に考えればわかることですよね。

この点について参考になるのが,Tokyo Street Style事件(東京地裁平成17年9月27日判決)です。

この事件は,ある女性が銀座界隈を歩いている様子を無断で撮影してサイトにアップした行為が肖像権侵害とされた事件です。

具体的には
・ 写真は、横断歩道上を歩く女性をほぼ右前方の位置から撮影したもので、女性の容貌を含む全身像が大写しされている。
・ その際に女性が着用していた衣服は、「DOLCEAND GABBANA」がパリコレクションに出展したもので、胸部には大きく赤い文字で「SEX」というデザインが施されている。
・ 撮影,掲載について女性の承諾無し。
・ 被告による写真アップ後しばらくして,2ちゃんねる上で当該写真が話題となり,下品な誹謗中傷が書き込まれた。さらに、一部の個人のウェブサイトでは、被告サイトからダウンロードされ複製された本件写真が掲載され,女性に対する下品な誹謗中傷が書き込まれた。
・ 女性は、友人から、写真が被告サイトに掲載されていること及び2ちゃんねる上での誹謗中傷がされていることを初めて知らされ、被告に対して抗議をしたところ、被告は、即座に本件サイトから本件写真を削除した。
という事案です。

裁判所は,
・ 本件写真は原告の全身像に焦点を絞り、その容貌もはっきり分かる形で大写しに撮影されたものであること
・ 原告の着用していた服の胸部には上記のような「SEX」の文字がデザインされていたこと
を根拠に

「一般人であれば、自己がかかる写真を撮影されることを知れば心理的な負担を覚え、このような写真を撮影されたり、これをウェブサイトに掲載されることを望まないものと認められる。」として肖像権侵害を認めました。

これが一般的なファッションだったり,掲載後の2ちゃんねるによる誹謗中傷がなければ肖像権侵害が認められたかどうかわかりません。
先ほどの店舗内撮影の例に戻ると,「高級チョコレート店」であればよいですが,「そのような店舗にいることが通常知られたくないような店舗」内の撮影には慎重を期した方が良いでしょうね。

今日はここまで。

<今日のまとめ>

  • 店舗内の取材については,個人の特定が出来なければ問題なし。
  • 個人の特定が出来る場合でも「たまたま写り込んだ場合」に備えて,取材であることを明示して取材・撮影していれば問題なし。
  • 「その人を撮影対象と意識して撮影する場合」には承諾を得る必要あり。
  • 取材方法や取材場所,撮影した写真の使用方法から「そのような撮影や映像の使用を被写体が望んでいるかどうか」も考慮する必要あり。

ブログで書けないネタも書くかもしれない?
メルマガ登録はこちらからどうぞ。

カテゴリー: 肖像権, 著作権と報道 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントする

参考資料をもとに番組制作すると著作権違反になる?(2)

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

著作権侵害の解決・契約・活用を研究する弁護士ブログ
「プロのための著作権研究所」所長(所員なし,募集中)
の弁護士・診断士の柿沼太一です。

今日は,「参考資料をもとに番組制作すると著作権違反になる?(1)」
に引き続き,番組制作に際して参考資料を利用する場合,
どのような点に気をつけるべきかという点について,
実際の裁判例をもとに書きたいと思います。

「参考資料をもとに番組制作すると著作権違反になる?(1)」
においては,このように説明しました,「江差追分事件」
(最高裁判所平成13年6月28日判決))。

1 ある参考資料を基に番組を制作した場合に,当該参考
資料の著作権を侵害するか否かについては,その参考資料の
「表現上の本質的な特徴」を真似しているかどうかによって
判断される。

2 ①思想、感情若しくはアイデア、事実若しくは事件など
表現それ自体でない部分
② 又は表現上の創作性がない部分
は「表現の本質的な特徴」ではない

最高裁が示している「表現上の本質的な特徴」のイメージ

最高裁が示している「表現上の本質的な特徴」のイメージ

今日は,「大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』」事件(第1審
:東京地裁平成16年12月24日判決,第2審:知財
高裁平成17年6月14日判決)について紹介したいと
思います。

1 事案の概要
この事件は,映画「七人の侍」の脚本家兼監督である
故黒澤明の相続人が,NHKの大河ドラマ
「武蔵 MUSASHI」第1回について,同番組の脚本
等が「七人の侍」の映画の脚本及び映画そのものを無断で
翻案したと主張して,著作権侵害等を理由に損害賠償請求
などを求めた事件です。

ちなみに「武蔵 MUSASHI」の原作は吉川英治の
「宮本武蔵」です。

結論としては,原告側の請求が棄却されましたが,
非常に面白い判決です。きっと裁判官はこの判決を書く
ために「七人の侍」を繰り返し繰り返し見たに違いあり
ません。

2 どこが類似?
原告側が「ここが類似している」と指摘したのは以下
の4点ですが,このうち①②について第1審の裁判所がどのよ
うに判断したか,について説明します(なお,正確には
,これらの4点が組み合わされることによって,原告
脚本全体が想起されるようになるとも主張していますが,
省略します)

① 村人が侍を雇って野武士と戦うというストーリー
② 脚本上の各場面の類似
③ 西田敏行の演じた内山半兵衛と志村喬の演じた
島田勘兵衛,寺田進の演じた追松と宮口精二の演じた久蔵の類似
④ 戦場や村に漂う霧及び豪雨の中の合戦の表現

3 ストーリーの類似性
まず,裁判所は,両脚本共に「野盗に狙われた弱者
に侍が雇われて,これを撃退する」というストーリー
上の共通点は認められるとしています。

しかし,「ストーリーの展開」と「テーマ」において
双方は相違している,とし,結論としては類似性を認めませんでした。

具体的には以下のとおりです。

(1) ストーリー展開の相違
「7人の侍」脚本においては
① 農民や侍たち等の複数の視点からストーリーを構築し
② 侍たちが農民と協力して野武士を撃退するという
ストーリー展開している。
一方,「武蔵」脚本においては
① 主人公の武蔵を軸にその視点からストーリーが
展開されている点や,
② 武蔵がほとんど独力で野盗の頭領を倒す点
においてストーリー展開が大きく異なる。

(2) テーマの相違
「7人の侍」脚本のテーマは,
一見非力な農民のした
たかさ,力強さがうたい上げられているのに対し,
「武蔵」脚本のテーマは,
青年武蔵が己の強さを自覚し
生き抜く誓いをたてるという1人の人間の成長の物語
というべきものでありテーマが異なる。

としています。

かなり両脚本の中身に踏み込んで判断している
ことがわかると思います。

このように,ストーリー展開やテーマが異なれば,
ストーリーの概要(あらすじ)が類似しているだけでは,
「表現上の本質的な特徴」が類似しているとは言えない,

ということになります。

しかし,どの程度ストーリー展開やテーマが異なれば
「表現上の本質的な特徴」が類似していないと言えるの
か,という点については,まさに事案ごとに異なるので
あって,なかなか一般化するのは難しいですね。

4 脚本上の各場面の類似性
類似しているとされている場面はいくつかあるのです
が,その中に,「侍の技量を確かめるために,戸口で不
意に打ちかかる」というものがあります。

たとえば「七人の侍」脚本では,「勝四郎が袋竹刀を
とって入口に身を隠し,戸口を通りかかる侍に打ちかか
ってその技量を試すという場面」,
「武蔵」脚本では
「お甲が戸の陰で棍棒を構え,小屋の中に入ってくる
又八に不意に打ちかかるという場面」です。

また,同様の場面として「七人の侍」脚本において
「戸口を通りかかる侍に打ちかかろうとしている勝四郎
に対し,浪人が,中に入ることなく,『誰方じゃ,冗談
が過ぎますぞ。』と声をかける場面」,
「武蔵」脚本では,「戸の陰に隠れた追松が真剣を抜いて
構えていたところ,半兵衛が足を止め,(冷静に)『真剣
で勝負をするというのは,何かわけがあるのかな。』と
声をかける場面」もあります。

両場面は,「目をつけた侍を戸口におびき寄せ,
戸陰に隠れた者が不意に打ちかかってその者の技量
を確かめようとしたところ,武芸に秀でた侍は隠れている
者の気配をあらかじめ察し,言葉で攻撃を制した。」
という点で共通します。

しかし,裁判所はこれらの場面について「表現の本
質的な特徴」が類似しているとは言えないとしました。

その理由は大きく分けて2つです。

1つは「このような場面設定自体は昔から見られる
ものであって『七人の侍』に特徴的なものではない」という点,
もう1つは,試される侍が具体的にいかなる対応を
したのかという点において両脚本は相違している,という点
です。

この中で,1つ目の「このような場面設定自体は
昔から見られるものであって『七人の侍』に特徴的
なものではない」がポイント
でしょうね。

裁判所が指摘したのは
① 古くから,くぐり戸や木戸口を通る必要がある
場合の武士の心得として,「刀かつぎの法」,
「刀かざしの法」(昼間でも,くぐり戸など狭い戸口
から入るときに,侍が必ず行う作法)などの防御の技法が
存していたこと

② 様々な武芸者の伝説伝承を集めた「本朝武芸小伝」
(1716年)の中の塚原卜伝に関するエピソード中に
似たようなエピソードがあること

③ 明治末期から大正時代にかけて少年に広く読まれた
「立川文庫」においても前記エピソードが取り上げられて
いること,

④ 吉川英治の「宮本武蔵」においても,異なる場面で
同じようなエピソードがあること

という点です。

そして,結論としては,「(このような)場面設定自体
は,江戸期の武芸者の逸話に少なからず見られるものであ
り,時代劇において達人の技量をはかる手段としてしばしば
用いられる手法ということができる」としています。

思い出してください。
最高裁はこう言っていましたね。

1 思想、感情若しくはアイデア、事実若しくは事件など
表現それ自体でない部分
2 又は表現上の創作性がない部分
は「表現の本質的な特徴」ではないから,その部分を
真似しても著作権侵害にならない(以上,「江差追分事件」
(最高裁判所平成13年6月28日判決))。

「大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』」事件」第1審判決が
言っている「このような場面設定自体は昔から見られる
ものであって『七人の侍』に特徴的なものではない」
というのは,そのような場面設定が,最高裁が言うところの,
「表現それ自体でない部分」あるいは
「表現上の創作性がない部分」に該当する,

ということでしょう。

裁判所はこのように各場面を対比して,結論としては,
すべての場面について「表現の本質的特徴」の類似性を
否定しました。

5 まとめ
脚本や映像の類似性が問題になった事件である
「大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』」事件」について簡単
に紹介しました。

この事件から導かれる教訓は,
・ 番組制作に際しては,できるだけ多数の参考文献
を参照すべし
・ ある特定の参考文献のみに記載されているような
エピソードを利用する場合には,表現の類似性について
慎重な配慮が必要

ということです。

実際,この裁判でNHKは,「場面設定がありふれ
ている」ということを立証するために複数の参考文献
を裁判所に提出しています。

実際のドラマ制作に際して,事前にこのような参考文献
全てをチェックしていたかどうかは不明ですが,
本当のところは,そこまでチェックする必要性がある,
ということでしょう。

今日はここまで。

 

カテゴリー: 翻案, 著作権侵害 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントする

参考資料をもとに番組制作すると著作権違反になる?(1)

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

著作権侵害の解決・契約・活用を研究する弁護士ブログ
「プロのための著作権研究所」所長(所員なし,募集中)
の弁護士・診断士の柿沼太一です。

今日は,番組制作に際して参考資料を利用する場合,
どのような点に気をつけるべきかという点について
書きたいと思います。

問い
TV番組の放送作家をしています。このたび,
太平洋戦争に関するドキュメンタリー番組を制作する
のですが,多数の参考文献や参考映像,参考番組を
参照します。それら参考資料の中に書いてある個々の
エピソードは,番組の中で利用して良いのでしょうか。

答え
「著作権法違反なの?企画のパクリ」で書いたように,
参考文献に書いてあることを
「ネタ」として新たな番組を企画・制作することは
基本的に著作権法に違反しません。

それでは,もう1歩進めて,参考文献に書いてある
エピソード(歴史的な事実)を利用することは著作権法
に違反するのでしょうか。

1 事実と著作権
まず,歴史的事実そのもの(たとえば,「1467
年に応仁の乱が発生した」という事実)については
著作権は認められません。

これは当たり前ですね。

この点について著作権があるとなると,その事実について
著作者の許諾無くして誰も利用できなくなってしまいます。

ただ,事実そのものと,それを具体的に表現したもの
は異なります。

先ほどの「1467年に応仁の乱が発生した」という
歴史的事実について,wikipediaでは,応仁の乱の紹介
として以下のように冒頭で記述しています。

  • 「応仁の乱(おうにんのらん)は、室町時代の応仁元年(1467年)に発生し、文明9年(1477年)までの約10年間にわたって継続した内乱。8代将軍足利義政の継嗣争い等複数の要因によって発生し、室町幕府管領家の細川勝元と山名持豊(出家して山名宗全)らの有力守護大名が争い、九州など一部の地方を除く全国に拡大した。乱の影響で幕府や守護大名の衰退が加速化し、戦国時代に突入するきっかけとなった[1]。十数年に亘る戦乱によって、主要な戦場となった京都は灰燼と化し、ほぼ全域が壊滅的な被害を受けて荒廃した」。(「応仁の乱」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2013年5月31日 (金) 12:29 UTC、URL: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%9C%E4%BB%81%E3%81%AE%E4%B9%B1

これ自体は歴史的な事実ですので,この表現をそのまま
利用(たとえば,番組内でナレーションとして利用)
した場合に著作権法上の問題が生じることは考えにくいです。

しかし,同じwikipediaの記事では,その後に引き続いて
「1 背景」「2 経過」「3 拡大の要因」「4 守護大名・
豪族の動向」「5 地方の戦乱」「6 戦術の変化」
「7 戦乱の影響」「8 応仁の乱後の京都復興」という
順序で記述がなされています。

すべては引用しませんが,このような記述は,
一定の視点の下で,数多く存在する資料から事実を
取捨選択し,配列していったものですから,単なる
「事実」ではなく,著者独自の「表現」として著作
権法上保護されることになります。

ではこのような,著作権法上保護される「表現」と
保護されない「事実」の違いはどこにあるのでしょうか。

2 番組制作と参考資料
ある参考資料を基に番組を制作した場合に,
当該参考資料の著作権を侵害するか否かについては,
その参考資料の「表現上の本質的な特徴」を真似
しているかどうかによって判断されます。

番組を見た人が「あ,これは参考資料の『表現上
の本質的な特徴』と同じだな」と感じるかどうか,
ということですが,当然のことながら「表現上の
本質的な特徴」って何?,と言うことになるわけです。

この点について,最高裁は「表現上の本質的
な特徴とは、創作性のある表現上の本質的な特徴を
い(う)」としています。

もしあなたが上司に「最高裁が言っている
『表現上の本質的な特徴』ってどういう意味か
わかりやすく説明してくれ」と聞かれたとして,
こんな説明をしたら,間違いなく「馬鹿にしている
のか」と怒られるか,「おんなじこと言っているだけ
でしょ」と笑われるかするでしょうが,まあ,ちょっと
落ち着いてください,とその上司に伝えつつ,
こう答えましょう。

最高裁はそれに続いて,こうも言っています。

  1. 思想、感情若しくはアイデア、事実若しくは事件など表現それ自体でない部分
  2. 又は表現上の創作性がない部分

は「表現の本質的な特徴」ではないから,その部分を真似しても著作権侵害にならない(以上,「江差追分事件」(最高裁判所平成13年6月28日判決))。

つまり図示するとこんな感じです。

最高裁が示している「表現上の本質的な特徴」のイメージ

最高裁が示している「表現上の本質的な特徴」のイメージ

「表現の本質的特徴とは何か」を説明するのは極めて
難しいので「表現の本質的特徴でないものは何か」
を説明しているだけ,と言えばそのとおりですが,
実際の裁判においてはこの基準にしたがって
判断されています。

次回は,番組や舞台作品制作において参考資料を
利用した場合,実際の裁判例においてどのように
判断されたかについて見ていきましょう。

今日はここまで。

カテゴリー: 著作権侵害 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントする