引用は著作権を侵害するのか?

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

引用は著作権を侵害するのか?著作権侵害の解決・契約・活用を研究する弁護士ブログ「プロのための著作権研究所」
所長(所員なし,募集中)の弁護士・診断士の柿沼太一です。

今日は,非常に相談が多い「引用」についての記事です。

1 問題の所在
著作権絡みの法律相談で非常に多いのが「引用」関係です。

たとえば

・ コミュニティサイトを立ち上げる際に「利用規約」と「プライバシーポリシー」
を作成したいが,他社の規約等をそのままコピーするとやはり著作権侵害になりますか。

・ サイト上に公開されているデータや表類をまとめて論評,分析をした記事を作成
したいが,著作権侵害になりませんか。

・ 市販されている教材を何冊かもとにしてオリジナルテキストを作成し,予備校の
授業に使いたいが,著作権侵害になりませんか。

・ ネットショプをやっていますが、本の文章を一部引用したいと考えております。
参考文献と書いて紹介すれば、著者に許可を得ずに引用可能でしょうか?

それだけ,他人の著作物(に限りませんが)を利用するニーズというのが多いことを
物語っています。

この「引用」については,到底1回の記事では説明しつくすことが出来ないので,
これからなんどもこのブログに登場することになります。

今日はとりあえずの触りだけ。

まず,著作権法上の「引用」と,世間一般で言われている「引用」とは少し意味が
違います。
というか,世間では「どんな引用でも著作者の許諾がいるのではないか」とか,
逆に「(参考文献)と記載すれば引用は自由では無いか」という誤解があるように思えます。

しかし,実際には
・ 著作権法上の「引用」の要件を満たせば,著作者の許諾を得なくても著作物
の利用が出来ます。

 ・ 逆に言えば,その要件を満たさない「引用」は,「(参考文献)」と表記
しようが「(この著者に感謝)」と表記しようが,著作権侵害になってしまいます。

 ・ 著作物でないものを利用しようとする場合は「引用」と考える必要すら無く,
作成者の許諾がなくても当然に利用できることがあります。

とりあえず,今日は具体例として,私が実際に相談を受けた事例について
検討してみましょう(内容は若干アレンジしています)。

2 具体例
【質問】 コミュニティサイトを立ち上げる際に「利用規約」と「プライバシー
ポリシー」を作成したいが,他社の規約等をそのままコピーするとやはり
著作権侵害になりますか。

【考え方】
まず,ある文章を丸ごとコピーした場合,原則として当該文章の著作権の侵害
になります。

ただし,誰が書いても同じような表現とならざるを得ない文章については,
そもそも著作物性が認められることが少ないため,そのような文章をコピーしても
著作権侵害にならないことが多いとされています。

利用規約やプライバシーポリシーは書かなければならないことについてはほぼ
決まっているため,そのまま丸ごとコピーする場合は別として,表現を若干変更
することによって著作権侵害を避けられる可能性が高いということになります。

たとえば,複数の利用規約等を参照して,そのエッセンスを抜き出して1つの規約
を作成する場合には著作権侵害となる可能性はかなり低いでしょう(もちろん,
その利用規約が法的に有効かどうかは別問題ですよ。規約の作成業務は弁護士が
最も得意とするところなので,弁護士としては弁護士に依頼することを強く推奨します,はい。)。

また,利用規約やプライバシーポリシーのうち,当該企業に特有の記載が
なされている部分については著作物性があるため,その部分については複製
しない方が無難でしょう。

まとめますと
・ デッドコピー(丸ごとコピー)は避けた方がよい。
・ 複数の利用規約等を参照してそのエッセンスを抽出する形をとれればベスト。
・ 当該企業特有の事情についてはコピーを避けた方がよい
ということになります。

今日はここまで。

カテゴリー: 引用 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です