「パクリ」って結局なんなのか。


「パクリ」って結局なんなのか。最近バイラルメディアにおける「パクリ」の話題がネット上で沸騰しています。

「バイラルメディア運営者」がダメすぎて滅びてほしい

で,まず「パクリ」の定義が問題になるのですが,ここでは「他人の著作物を編集せずにそのままコピー(複製)すること」のうち違法なものを「パクリ」と呼ぶことにします。

とすると,著作権法違反の「パクリ」と,違法でないコピーとの境界線をはっきりさせておく必要があると思うわけです。

私がお世話になっているコンサルタントの永江さんが

「パクリの定義をはっきりさせようじゃないか」

というブログ記事を書かれているので,それに触発されて考えてみました。

■ 「パクリ」にあたらない2つのパターン
コピーが違法でないケース,つまり「パクリ」にあたらないケースは,おおざっぱにいうと2つしかありません。

1 著作権者の許諾を得ている場合
2 著作権法上の「引用」(著作権法32条1項)の要件を備えている場合

の2つです。

1は当たり前ですよね。
永江さんのブログにも書かれている,著者の同意を得てBLOGOSに転載される,というのは,当然違法な「パクリ」ではありません。

問題は2です。

「引用」というのは,著作権法上「著作権法違反ではない」と明記されている行為です。したがって,「引用」の要件さえ満たしていれば,著作権者の許諾を得なくとも,その記事をコピーできる,すなわち「パクリ」ではない,ということになります。

実は,この「引用」って著作権法上の争いがとても多い分野です。「パクリ」かどうかの境目の問題ですから,当然のことかもしれません。

■ 「引用」って何?
まず,著作権法上の「引用」と,世間一般で言われている「引用」とは少し意味が違います。
というか,世間では「どんな引用でも著作者の許諾がいるのではないか」とか,逆に「(参考文献)と記載すれば引用は自由では無いか」という誤解があるように思えます。

しかし,実際には著作権法上の「引用」の要件を満たせば,著作者の許諾を得なくても著作物の利用が出来ます。

では,著作権法上の「引用」に関する条文(32条1項)を見てみましょう。

公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。

はい,すみません。

「公正な慣行」とか「正当な範囲」なんて抽象的すぎて訳がわからないですね。

これでは基準として使えない。

これまでの判例などを総合して考えると,公表されている著作物について,おおよそ以下の要件を満たしたものは「引用」としてセーフ,と言われています。

  1. 引用先と引用元の明瞭区分
  2. 引用元(自分の記事)がメインで,引用先がサブ(主従関係)
  3. 引用の必然性がある
  4. 改変しない
  5. 出典を明記する

▼ 引用先と引用元の明瞭区分
当たり前ですね。
どこまでが引用先で,どこからが引用元なのかはっきりしないとダメです。
方法としては,たとえばカッコでくくるとか,フォントを変えるとか,いろいろな方法がありますが,要は区別がつけばよいです。

永江さんのブログでは

 また、文章を転載する場合はネットのルールとして「blockquote」タグで挟む。そうすると検索エンジンは「これは引用だな」と見なしてインデックスしないのです。

とあります。

「「blockquote」タグで挟む」というのも当然明瞭区分の一つの方法ですが,それ以外の方法でも区別がつけば,著作権法上はOKです(ちょうど上記のような感じで)。

▼ 引用元(自分の記事)がメインで,引用先がサブ(主従関係)
たとえば,自社記事が全くなく,引用先の記事だけを掲載している場合はダメです。

裁判例で問題になったのは,「中田英寿事件」です。
これは,当時イタリアのプロサッカーリーグのセリエ Aに所属するチームで活躍している中田英寿選手について、その出生からワールドカップ・フランス大会の本大会出場直前までの半生をまとめた本が問題になった事件です。
この本の製作については,中田氏に対する取材や確認は一切行われていません。

引用が問題になったのは何かと言いますと,この本では中田氏の中学時代の詩を丸ごとコピーしていたのですよね。

で,中田氏側はこの行為は著作権侵害だ,と訴えたわけです(この裁判の争点はここだけではありませんが)。
出版社側は「これは「引用」だから侵害ではない」と反論したのですが,裁判所は「引用」の成立を認めませんでした。

というのは,この本では,中田氏の中学時代の詩を丸ごとコピーしたものの下に「中学の文集で中田が書いた詩。強い信念を感じさせる。」とコメントしたにすぎなかったのです。

これは,どう考えても引用先(中田氏の詩)がメインで,引用元(コメント)が従です。つまり主従関係を満たしませんよね。

最近話題のバイラルメディアでは,そもそも自分の記事が全くないものがほとんどですから,この「主従関係」を満たさないことは明らかです。

▼ 引用の必然性がある
あくまで「引用」という以上,引用先記事に対する賛意でも批判でもいいのですが,自分の言いたいことが何かなければいけない,ということです。

それが何もなく,単に「面白いネタ見つけました~」と言って記事を丸ごとコピーするのはダメです。

▼ 改変しない
引用に際しては,引用先の文章を改変してはいけません。正確に引用する必要があります。

▼ 出典を明記する
最後に,出典を明記することが必要です。
この点については,先ほどの引用に関する条文(32条1項)とは別の条文(48条1項が定めています。

次の各号に掲げる場合には、当該各号に規定する著作物の出所を、その複製又は利用の態様に応じ合理的と認められる方法及び程度により、明示しなければならない。
一  第三十二条(以下略)

はい,ここでも「その複製又は利用の態様に応じ合理的と認められる方法及び程度により」としか書いていませんね。

すみません(私が謝ることではないですが)。

この点については,解釈上は「利用する著作物に接着して,わかりやすく」表示することが必要とされています。

したがって,一部のバイラルメディアのように,記事の末尾に,ちぃさーく引用元URLを記載するという方法では,この出所明示義務を果たしているとは言えない,ということになります。

■ 具体例
で,永江さんが挙げている具体例について著作権法的に見てみます。

  • YouTubeからいいの探して持ってきて論評するだけ

これは画像と論評という点で明確に区別されていますし,論評行為も行っているので「引用」の要件を満たしOK。

  • 他のバイラルなどが紹介したネタをそのまま紹介

「そのまま」というところで,主従関係を満たしておらず,引用の必然性もないですからアウト。

  • 昔、ほかのメディアで紹介したものをそのまま掲載

これも主従関係を満たしておらず,引用の必然性もないですからアウト。

  • 著者の許可を得ず文章ごと持ってきて「blockquote」タグで挟まない

これは「明瞭区分性」を満たさないことが多いと思います。ただ,先ほど書いたように,何か他の方法で区別できればOKです。

  • 文章ごと持ってきて恣意的に内容を変える

これは悪質です。「明瞭区分」「主従関係」「改変しない」という引用のルール破りのフルコースです。

  • 上記で○でも「続きを見たければ」でFacebookのアプリを承認させて個人情報を抜き取り、そこにスパムを送りつける

よくわかっていない人を食いものにするという意味では「淘汰されるべき極悪人」という永江さんコメントには同意しますが,ま,これは著作権法とは直接関係ないということで。

■ まとめ
で,まとめですが,まず,人の記事をコピーする場合に,OKな場合が2つある,ということですね。

1 著作権者の許諾を得ている場合
2 著作権法上の「引用」(著作権法32条1項)の要件を備えている場合

の2つです。

そして「引用」と言えるためには

  1. 引用先と引用元の明瞭区分
  2. 引用元(自分の記事)がメインで,引用先がサブ(主従関係)
  3. 引用の必然性がある
  4. 改変しない
  5. 出典を明記する

が必要である,と。

バイラルメディアの場合,ほとんどが引用要件を満たしていない,つまり著作権法違反である,ということになるのではないかと思います。

(追記)
「外国語の記事を翻訳したうえで掲載するときはどうなるのか」という質問を頂きました。

本文で書いたように引用の要件として「改変しない」ということがあります。
「翻訳した上で引用する」ということは,「外国語の原文を翻案したものを引用する」ということになりますので,基本的には適法な引用とは言えない,ということになります。
これは,原文を同時に掲載していたとしても同様です。

したがって,外国語の記事を引用するときは外国語のまま引用するしかない,ということになります。

ま,本当にいい記事なら,ちゃんと著作者の許諾をとって翻訳したものを掲載すればいいと思いますけどね。

(追記の訂正)
追記部分について,「著作権法43条2号が引用(32条)について「翻訳」によって利用することができると規定してますよね。」という指摘を受けました。

確かにご指摘のとおりですね。大変失礼しました。
この条文で,「翻訳」によって引用するすることができる,ということになりますので,追記を訂正いたします。

条文引用しておきます。

(翻訳、翻案等による利用)
第四十三条  次の各号に掲げる規定により著作物を利用することができる場合には、当該各号に掲げる方法により、当該著作物を当該各号に掲げる規定に従つて利用することができる。

一  略

二  第三十一条第一項第一号若しくは第三項後段、第三十二条、第三十六条、第三十七条第一項若しくは第二項、第三十九条第一項、第四十条第二項、第四十一条又は第四十二条 翻訳(以下略)

ご指摘,ありがとうございました。

カテゴリー: 著作権一般 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です