著作権法改正,「写り込み」の具体例

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

著作権法改正,「写り込み」の具体例著作権侵害の解決・契約・活用を研究する弁護士ブログ
「プロのための著作権研究所」所長(所員なし,募集中)
の弁護士・診断士の柿沼太一です。

今日は,平成24年の著作権法改正「写り込み」についての
具体例をご紹介しようと思います。

【質問】
お客様からご依頼頂き、有償で運動会・カラオケ大会,ピアノ
発表会,結婚式などのイベントを撮影してDVDをお渡しする
業務を行っています。
各イベント会場では当方の意図とは関係なく音楽が流さ
れているので、そこでビデオ撮影をすると必ずビデオ内に音楽が収録
(複製)されてしまいますが,これは著作権法的にOKなのでしょうか。

【回答】
まず,前提として,ご質問の事例は,撮影の「過程」で音楽
が録音されてしまうケースです。

これと異なり,ビデオ作成,編集の過程において,BGM
として音楽を使用,複製するのは,当然のことながら著作権
者や著作隣接権者の許諾が必要ですので,ご注意ください。

ご質問の事例は,「写り込み」の問題ですね。

この点については

・ 著作権法改正における写り込みのOKとNG
・ 著作権法改正における写り込みの具体的事例

の記事で詳しく書きました。

■ もう一度おさらいすると

  • 「写り込み」といえど著作物を複製している以上原則として著作権侵害に該当するが,平成24年に改正された著作権法第30条の2の要件を満たせばOK
  • 適法に創作する際には「① 分離困難」「② 軽微性」「③ 著作権者の利益を不当に害しない」が必要(1項)。
  • 一旦この要件を満たして創作された著作物+付随著作物については「③ 著作権者の利益を不当に害しない」の要件さえ満たせば利用できる(2項)。

というものでした。

そして,私なりの解釈としては

  • ① 「分離困難性」として,撮影意図との関係で,本来の撮影対象としていたものか否か
  • ② 「軽微性」として 「写り込み」の対象の映像等に占める割合が物理的に小さいものかどうか
  • ③ 「著作権者の利益を不当に害しない」として,著作権者の著作物の利用市場とバッティングしたりあるいは将来における著作物の潜在的販路を阻害するか

がかなり重視されるのではないかと思われます,とお伝えしました。

これを前提に,ご質問の事例について考えてみましょう。

イベントの種類によってかなり状況が異なるように思います。

■ まず,運動会の場合,撮影意図は,撮影対象である子ども
の活躍っぷりや失敗ぶりでしょうから,音楽は本来の
撮影対象でないことは明らかだと思います。

また,屋外ですからかなりのノイズが入って音楽そのもの
を鑑賞するということもできないでしょう。

撮影も,対象となっている子どもが競技をしている部分に
限られると思うので,音楽は丸ごと一曲ではなく,切れ切れ
にしか入っていないと思います。

これを前提とすると,運動会の場合,「分離困難性」
も「軽微性」「著作権者の利益を不当に害しない」の要件
も満たし,適法とされる可能性が高いのではないかと思います。

■ カラオケ大会,ピアノの発表会,講演会などではどうか
,というのもなかなか悩ましい問題です。

大きなポイントは,「楽曲などの著作物そのものを本来の
撮影対象としているかどうか」でしょうね。

カラオケ大会やピアノの発表会は,もちろん「歌って
いる人」や「ピアノを弾いている人」を撮影対象にはし
ていますが,楽曲そのものも撮影対象となっていますから,
「写り込み」とは言えず,当該楽曲について権利処理が
必要となる可能性が高いと思います。

逆に,講演会においてBGMとして流れていた音楽
については,本来の視聴対象ではないので,「分離困難性」
「軽微性」の要件を満たすことになるのではないでしょうか。

■ これに対して結婚式の場合はどうでしょうか。

結婚式の場合,その場で流れる楽曲は,その場面の
雰囲気を形成するのに非常に重要な役割を占めています。

入場シーンでは華やかな楽曲,ご両親への挨拶や回想シーン
ではしみじみした楽曲,退場シーンでは二人の新生活を祝う
ような明るい楽曲などです。

もちろん,これは一例であって,どのような場面で,
どのような効果を期待して楽曲を選ぶかは新郎新婦が非常に
悩むところだと思います。

その意味において,結婚式における楽曲は,結婚式の雰囲気
を構成する非常に重要な要素と言えるでしょう。

結婚式の撮影における撮影意図は,式の雰囲気を忠実に
再現することでしょうから,この点が,まず運動会とは
決定的に違います。

また,楽曲が流れる結婚式は,通常屋内で開かれますし,
参加者が思い思いに大声でしゃべっているということも
(普通は)あまりないでしょうから,楽曲は,かなり明瞭,
明確に録音されることになると思います。

この点も運動会とは異なる点ですね。

さらに,録音・録画機器の高機能化によって,
「その場で流れている音楽が不可避的に録音される」のと
「編集過程においてBGMとして使用する」のを比較した場合
,再生される楽曲のクオリティー的にはあまり変わらなく
なってきているのではないかと思います。

したがって,結論としては,結婚式の場合「分離困難性」
「軽微性」の要件を満たしていない,すなわち「写り込み」
の要件を満たさない可能性が高いのではないかと考えています。

今日はここまで。

<今日のまとめ>
・ 「写り込み」が適法になるには
① 分離困難
② 軽微性
③ 著作権者の利益を不当に害しない
が必要

・ プロが業務として運動会のビデオ撮影を行う際に
「写り込む」音楽については「写り込み」の要件を満た
し,適法となる可能性が高い。

・ その他のイベント撮影においては「楽曲などの
著作物そのものを本来の撮影対象としているかどう
か」が「写り込み」要件を満たすかどうかの大きなポイント。

・ 同じくプロが業務として結婚式のビデオ撮影を行う
際に「写り込む」音楽については「写り込み」の要件を
満たさない可能性が高い。

ブログで書けないネタも書くかもしれない?

メルマガ登録はこちらからどうぞ。

カテゴリー: 著作権法改正 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です