著作権法改正における写り込みの具体的事例


著作権法改正における写り込みの具体的事例著作権侵害の解決・契約・活用を研究する弁護士ブログ
「プロのための著作権研究所」所長(所員なし,募集中)の
弁護士・診断士の柿沼太一です。

今日はいわゆる「写り込み」の具体例について書きます。

前回は適法な「写り込み」の創作・利用の要件について説明しました。

まず,適法に創作する際には

  • ① 分離困難
  • ② 軽微性
  • ③ 著作権者の利益を不当に害しない

が必要です(1項)。

ただし,一旦この要件を満たして創作された著作物+付随著作物については
③ 著作権者の利益を不当に害しない
の要件さえ満たせば利用できます(2項)

1 適法な「写り込み」の創作・利用の具体例
① 分離困難
② 軽微性
③ 著作権者の利益を不当に害しない
と言っても,もう少し具体的なケースがわか
らないと,OKかどうかの線引きが出来ませんよね。

文化庁のWEBサイト(http://www.bunka.go.jp/chosakuken/utsurikomi.html
において適法な創作行為や利用行為として例示されているのは

○ 写真を撮影したところ,本来意図した撮影対象だけでなく,
背景に小さくポスターや絵画が写り込む場合

○ 街角の風景をビデオ収録したところ,本来意図した収録対象だけでなく,
ポスター,絵画や街中で流れていた音楽がたまたま録り込まれる場合

○ 絵画が背景に小さく写り込んだ写真を,ブログに掲載する場合

○ ポスター,絵画や街中で流れていた音楽がたまたま録り込まれた映像を,
放送やインターネット送信する場合

というケースです。

逆にアウトとされているのが

○ 本来の撮影対象として,ポスターや絵画を撮影した写真を,
ブログに掲載する場合

○ テレビドラマのセットとして,重要なシーンで視聴者に積極的に
見せる意図をもって絵画を設置し,これをビデオ収録した映像を,放送や
インターネット送信する場合

○ 漫画のキャラクターの顧客吸引力を利用する態様で写真の本来の
撮影対象に付随して漫画のキャラクターが写り込んでいる写真を
ステッカー等として販売する場合
です。

これらの例を見ればわかるように
① 「分離困難性」として
 撮影意図との関係で,本来の撮影対象としていたものか否か
② 「軽微性」として
 「写り込み」の対象の映像等に占める割合が物理的に小さいものかどうか
③ 「著作権者の利益を不当に害しない」として,
 著作権者の著作物の利用市場とバッティングしたりあるいは将来における
著作物の潜在的販路を阻害するか
がかなり重視されるのではないかと思われます。

言い換えれば,
①は「たまたま」とか「意図しない」という主観面,
②は「小さいかどうか」という客観面
と言ってもいいかもしれません。
③については,平たく言えば,本来の著作権者のパイを奪っていないか,
と言うことですね。

もう少し具体的に考えてみましょう。

たとえば,TVドラマの撮影において,偶然「録り込んだ」音楽が
登場人物の心情にシンクロして,その映像の雰囲気の重要な構成要素
となっている場合です。

青春ドラマにおいて,川の土手で主人公が初めて告白するシーンを撮影
していた際に,その近くでデビュー前のバンドが練習していた,
練習中の音楽がたまたま録り込まれたが,その音楽が主人公の内心に
非常に良くマッチしていた。

TV局は,撮影・編集当時は「録り込み」を意識していなかったが,
放送後,ネットを中心にじわじわとその場面における「録り込み」
BGMが話題になり,
「あの曲を演奏しているバンドは誰だ?」「私たちです」ということに
なってメジャーデビューした,と(想像力が貧弱で申し訳ない)。

そのあと,当該TVドラマをDVD化する際に,その「録り込み」
は著作権侵害になるか,という問題です。

まず,撮影・編集時には,当該楽曲の「録り込み」は本来の撮影意図
とは全く無関係ですし,川の土手で偶然「録り込み」された楽曲ですから,
それほどボリュームも大きくないし,楽曲の一部分に過ぎないでしょう。

ということで1項の,「① 分離困難性,② 軽微性,③ 著作権者の利益を不当に
害しない」は満たしていると思われます。

次にDVD化する際には,既に1項で適法に創作されていますので,
TV局としては楽曲を分離する義務はありません。問題はDVD化に
よって「③ 著作権者の利益を不当に害しない」かどうか,です。

そのDVDを見た人が「あ,これがネットで話題になっていた,
あのバンドのメジャーデビュー前の曲か,買ってみよ。」とは思う
でしょうが,「このDVDでこの曲はどんな曲かわかったらかもう
買わなくていいや」「今度この曲を聴きたいときは,このDVDをもう
一度見ればいいもんね」とは,まず思わないですよね。

したがって「著作権者の著作物の利用市場とバッティングしたり,
あるいは将来における著作物の潜在的販路を阻害する」とも言えないと思われます。

結論的には,このケースでは,創作及びその後のDVD化などの
利用,いずれも問題ない,ということになると思われます。

今日はここまで。

カテゴリー: 写り込み, 著作権法改正 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です