著作権法改正における写り込みのOKとNG

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

著作権法改正における写り込みのOKとNG著作権侵害の解決・契約・活用を研究する弁護士ブログ
「プロのための著作権研究所」所長(所員なし,募集中)
の弁護士・診断士の柿沼太一です。

今日はいわゆる「写り込み」について著作権法改正と絡めて書きます。

1 「写り込み」とは

映像を撮影する際に,意図しないものが映像内に写り込んで
しまうことがあります。

このような場合,映り込んだものが,アニメのキャラクター
などの著作物である場合,形式的には著作権侵害が問題となります。

また,目に見える著作物が映像内に「写り込み」してしまう
だけでなく,撮影現場で流れている音楽が意図せずに映像内に
「録り込み」(こんな日本語初めて聞いたのですが,後述の文化庁の
HPには記載されています)してしまう場合もあります。

音楽は通常著作物ですので,同じようなことが問題になるわけです。

もちろん,常識的に考えて「写り込み」=著作権侵害とするのが
妥当で無いことは明らかですので,「「写り込み」が著作権侵害では無い」
とする結論を導くために,いろいろな考え方が提唱されてきました。

2 平成24年著作権法改正
ここでは,それらを逐一紹介することはしませんが,平成24年に
改正された著作権法においては,一定要件を満たせば「写り込み」
は著作権侵害ではない,と規定しています。

まず,条文の紹介から。

第30条の2 写真の撮影,録音又は録画(以下この項において「写真の
撮影等」という。)の方法によつて著作物を創作するに当たつて,
当該著作物(以下この条において「写真等著作物」という。)に係る
写真の撮影等の対象とする事物又は音から分離することが困難で
あるため付随して対象となる事物又は音に係る他の著作物(当該写真等
著作物における軽微な構成部分となるものに限る。以下この条において
「付随対象著作物」という。)は,当該創作に伴つて複製又は翻案する
ことができる。ただし,当該付随対象著作物の種類及び用途並びに当該複製又は翻案の
態様に照らし著作権者の利益を不当に害することとなる場合は,この限り
でない。

2 前項の規定により複製又は翻案された付随対象著作物は,同項に規定
する写真等著作物の利用に伴つて利用することができる。ただし,
当該付随対象著作物の種類及び用途並びに当該利用の態様に照らし著作権者の
利益を不当に害することとなる場合は,この限りでない。

ご多分に漏れず長い条文ですが,著作権法の条文としては比較的わかりやすい
条文ですかね。

要するに,写真撮影,録音,映像録画をする際に,その過程において
写り込んでしまった著作物(「付随対象著作物」といいます)についても,
一定の要件を満たせば,そのまま録音録画できるということ(第1項)と,
そのようにして作成された著作物については,一定要件を満たせばそのまま
利用できる(第2項),ということです。

注意して頂きたいのは,条文が,① 著作物を創作する際の問題(1項)と,
② 利用する際の問題(2項)に分かれているということです。

つまり,
① 適法に創作するための要件と,
② 適法に創作された著作物について利用する(複製,上映,演奏,
公衆送信,譲渡など)ための要件
が,それぞれ別に定められているのです。

3 「写り込み」がある場合に適法に創作・利用するための要件について
まず,適法に創作する際には

  • ① 分離困難
  • ② 軽微性
  • ③ 著作権者の利益を不当に害しない

が必要です(1項)。

ただし,一旦この要件を満たして創作された著作物+付随著作物については
③ 著作権者の利益を不当に害しない
の要件さえ満たせば利用できます(2項)。

このように創作と利用についてそれぞれ要件が定められているのは
どのような意味を持つのでしょうか。

まず,録音録画する際に,付随著作物が写り込んだとしても,それをその後
放送等する場合には,技術的には画像・音声処理をして,付随著作物
を分離することが出来ると思われます。

しかし,2項においては「分離困難性」が要件とされていませんので,
1項に基づいて適法に創作されてさえいれば,放送等に際しては,
そのように付随対象著作物を分離する必要は無い,ということになります。

また,もともと偶然写り込んでしまった映像について,そのあと商売っ気
が生じてそれをメインにしたプロマイドなどを販売する行為は,
1項違反にはならないが,2項違反にはなる,ということを意味します。

1項の要件を満たす付随著作物,つまり物理的に軽微性な付随著作物が,その後,
商売材料になる,ということはあまり考えられないような気もしますが,
一応条文の構造としてはそうなっています。

次回はその具体例について考えてみましょう。
今日はここまで。

カテゴリー: 写り込み, 著作権法改正 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です