youtubeなどの動画投稿サイトでの著作権侵害(2) どのような場合に侵害となるのか


youtubeなどの動画投稿サイトでの著作権侵害(2) どのような場合に侵害となるのか著作権侵害の解決・契約・活用を研究する弁護士ブログ
「プロのための著作権研究所」所長(所員なし,募集中)
の弁護士・診断士の柿沼太一です。

著作権ブログ:youtubeなどの動画投稿サイトでの著作権侵害(1) まずは基本的な考え方からにおいて以下の設問について検討しました。


うちの会社が制作し,テレビで放映した番組が動画投稿サイト
に無断でアップロードされて誰でもダウンロードできるように
されています。即刻掲載を止めさせて,
可能であれば動画投稿サイトに損害賠償請求もしたいのですが,
どのようにしたらよいでしょうか。

答え
そして,まず著作権侵害事件においては
・ 誰の
・ 何の権利が
・ 誰によって
侵害されているのか,をまず特定する必要があり,この件では
「放送局の」「複製権,公衆送信権(のうちの送信可能化権)」
が侵害されている,ということまでは書きました。

今日はこの問題の「キモ」すなわち「誰によって著作権
が侵害されているのか。」です。

2 誰によって著作権が侵害されているのか。
まず,youtubeにアップロードした本人が著作権を侵害して
いることは間違いありません。「アップロード」という行為を
実際に行った人ですので。

では,youtubeのような動画投稿サイトは著作権を侵害して
いると言えるのでしょうか。

これは「規範的に見て著作権の侵害主体は誰か」という問題です。

「規範的に」という言葉はわかったようなわからないような
表現ですが,簡単に言うと「侵害行為を直接的にやってないけど,
いろいろな事情からすると『やっていると評価』できるかどうか。」
ということです。

たとえばこのような動画投稿サイトを考えてみましょう。

・ 著作権侵害コンテンツを積極的に投稿するように宣伝広告し,
それに応じて投稿した人に投稿料を支払う。
・ ダウンロードは無料で行えるが,同時にダウンロードできる
ファイルの数に上限が課されている。
・ 有料のプレミアム会員になるとダウンロードの際の通信速度が
向上し、ファイルあたりのサイズ制限とオンラインストレージの
容量が無制限となるなど、無料利用者よりも快適に利用すること
ができる。
・ 会員サイト上でコンテンツのアップ状況について情報交換
できるため,どうすればコンテンツを入手できるかが即座にわかる。

どうでしょう。

これどう考えてもまずい気がしますよね。

このサイトは,直接動画のアップロード行為を行ってはいませんが,
違法コンテンツをアップロードするための環境を提供し,
投稿料を支払うなどアップロードを容易にして,しかも有料会員
からもお金を取って金儲けをしています。

これは,「侵害行為を直接的にやってないけど,いろいろな
事情からすると『やっていると評価』できる」主体でしょう。

すなわち,このようなサイトは「規範的に見て著作権侵害
の侵害主体となる。」ということになります。

実はこれ,2012年にアメリカ司法省と連邦捜査局(FBI)
の捜査が入り、運営者7人が起訴されたストレージサービスの
大手「Megaupload」をモデルにした設例です(ちなみに,
Megauploadは有料会員から1億5000万ドル(約116億円)、
広告などで2500万ドル(約19億円)、あわせて1億7500万ドル
(約135億円)以上の利益を上げていたとのこと。スゴイ。)

動画投稿サイトには,たくさんのバリエーションがあり
,「Megaupload」のように真っ黒な動画投稿サイトから,真っ白な
サイトまで多種多様です。

では,どういう基準でアウトとセーフを判断するのか。

ここで(ごく一部で)有名な「カラオケ法理」の話が出てきます。

著作権を使って仕事をしているプロであれば「カラオケ法理」
という言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。

この「カラオケ法理」,内容は次回に説明しますが,
いろいろな評価がされています(権利者側からは「古い判例
が採用した法理だが,まだまだ実用に耐える」とされますし,
利用者側からすると「不明確であり,もう役割は終えた」
とも評価されます)。

次回(最終回)では,
カラオケ法理の簡単な説明,裁判所が採用している判断基準,
そして実際に争われた裁判例を紹介したいと思います。

今日はここまで。

カテゴリー: youtube, 著作権侵害 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です