youtubeなどの動画投稿サイトでの著作権侵害(1) まずは基本的な考え方から

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

youtubeなどの動画投稿サイトでの著作権侵害(1) まずは基本的な考え方から著作権侵害の解決・契約・活用を研究する弁護士ブログ
「プロのための著作権研究所」所長(所員なし,募集中)
の弁護士・診断士の柿沼太一です。

今日から3回にわたって「youtubeなどの動画投稿サイト
での著作権侵害」について書きます。

深く書こうと思えばキリが無いので,皆さんがざっと
読んで概要が把握できるような内容にしようと思うの
ですが,うまく行くかどうか。


うちの会社が制作し,テレビで放映した番組が動画投稿サイト
に無断でアップロードされて誰でもダウンロードできるように
されています。即刻掲載を止めさせて,
可能であれば動画投稿サイトに損害賠償請求もしたいのですが,
どのようにしたらよいでしょうか。

答え
著作権侵害事件においては

  •  誰の
  •  何の権利が
  •  誰によって

侵害されているのか,をまず特定する必要があります。

これに対して,たとえば所有権が侵害されている場合
(自分の土地を勝手に他人が利用している場合など)
には簡単ですね。

「誰の」は「自分の」,「何の権利が」は「土地の所有権が」,
「誰によって」は「当該土地を利用している他人」という
ことになります。

これに対して,著作権は,「著作権」という1つの権利があるわけでは無く,
たくさんの個々の権利(複製権,上演権・演奏権,上映権,
公衆送信権等々これら個々の権利を「支分権」といいます。)
で構成されています。

ですから,一言で「著作権侵害だ!」と言っても「で,著作権
のうちのどの権利が侵害されたのですか」ということが問題に
なるのです。

つまりまずは「何の権利が」を特定する必要があるということですね。

また,著作権については,誰が著作者か,まただれが著作権者か
(著作者と著作権者の違いについては別の機会に書きます)が
著作権法で決まっていますし,実際の事件において著作者や
著作権者を特定するのはなかなかに難しいのです。

ですから著作権については「誰の」も非常に問題となるケースが多い。

最後に「誰によって」ですが,これも近時非常に問題となることが多いです。

直接的に著作権侵害行為(複製や違法アップロードなど)
を行っている人が侵害主体となることは間違いないのですが,
そのような直接行為者だけでは無く,そのような侵害行為
を容易にしている人(youtubeのような動画サイトもそうです)
も侵害行為者と捉えようという考え方が主流なのです。

以上のような理由から
著作権侵害事件においては
・ 誰の
・ 何の権利が
・ 誰によって
侵害されているのか,をまず特定する必要があるし,
それはなかなかに骨が折れることだということになります。

ではyoutubeへの無断動画投稿においてはどうなのか,を見て
いきましょう。

1 誰の,何の権利が侵害されているのか
TV番組に関しては,まず,放送局の自社制作番組であれば
放送局が著作権を有しています。

また,制作会社に制作を委託しているのであれば当該制作会社
が著作者・著作権者ということになります。もっとも,通常は
放送局と制作会社は番組の制作委託の際に著作権の譲渡について
も合意しますので,結局,いずれにしてもTV番組については,
通常は放送局が著作権を有していることになります。

また,youtubeにアップロードする行為は,著作権のうち
「複製権」「公衆送信権(のうちの送信可能化権)」を侵害する
ことになります。

したがって,この場合には結局「放送局の」「複製権,
公衆送信権(のうちの送信可能化権)」が侵害されている,
と言うことになります。

ここまでは簡単ですね。

2 誰によって著作権が侵害されているのか。
これがこの問題の「キモ」になります。
長くなるので,次回に。

今日はここまで。

カテゴリー: youtube, 著作権侵害 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です